2021年6月4日:コアジサシ繁殖の移動先の状況と工事中断の申し入れ

  • 誘致エリアが5月の雨で水没し、多数のコアジサシが工事中のプラスチックドレーンエリアで繁殖してしまいました。
  • プラスチックドレーンは猛禽類やカラス等天敵から身を守るシェルターの役割をし、コアジサシが好む環境です。
  • 抱卵姿や求愛行動を確認していますが、現地は端から盛土をしています。
  • 保全協会は港湾局に配慮を要望しましたが、工期変更は認められず、港湾局は「話は調査をしてから行う」という回答待ちになり、同時に埋立ては続いています。

関係部署の見解

  • 大阪府野生動物グループ:「コアジサシは自治体ではなく環境省管轄となる、保全を申し入れる権限がない。」
  • 環境省近畿地方事務所:「コアジサシ指針は、あくまでも指針で法的な保護ではない。港湾局と協議して下さい。」
  • 他の都道府県:飛来しコロニーを作る=卵がある状態なので、「卵はあるか」などの証拠の話や管轄などなく、各自治体の担当者が、野鳥の会の各支部と共に保護をしている(千葉、東京、愛知、愛媛、佐賀、鹿児島など)。

大阪支部の今後の方針

卵やヒナに危害を与えると鳥獣保護法違反ですが、埋立ての続行で卵を放棄させてしまう事も危害になると思います。保全協会と歩調を合わせ、大阪支部も繁殖の保護と工事中断の要望書を提出する。(6/4)

提出した要望書「夢洲でのコアジサシの繁殖活動保護の要望」