大阪支部誕生のころ

第2代支部長 藤原広蔵 記

1.日本野鳥の会の誕生

この度、日本野鳥の会が財団法人となつて、新しく出発することになった機会に、支部の沿革のようなものを書いてはどうかと云う編 集部の要望もあり、私も支部報に書いて置きたいと思うこともあるので、お引受けして古いことなどあれこれと書いて見たいと思う。

 中西悟堂先生が「学術、趣味両方面から、真に健全な愛鳥思想を普及する」趣旨のもとに、日本野鳥の会を創設されたのは昭和9年のことで、機関誌「野鳥」の創刊は同年5月号からであつた。

 その編集方針は「広い意味の知的水準に立って読者を求め………鳥のマニヤをつくるよりも寛潤な精神の領土を培って、鳥を自然のまゝに楽しむ人々をふやす」ことにあつた。中西さんは今日までずつとこの方針を貫いて居られる。

 この野鳥と云う機関誌の名称が決まるまでは随分、推敲の労を重ねられたようで、このために創刊がニケ月遅れたと云つて居られる。今日普通に使つている野鳥と云う熟語はこの時から初つたものである。

2.阪神支部の結成と初期の人々

最初は会の活動も東京を中心としたものであつたが、昭和11年に京都支部が出来、大阪支部の前身、阪神支部が出来たのは昭和12年であつた。
 支部長は当時、大阪高等学校教授の森田淳一博士、実地指導者として榎本佳樹翁、幹事は守山鴻三氏と言う顔振れで、支部事務所は住吉区松崎町の守山鴻三氏方となつている。支部結成早々から講演会、探鳥会談話会など活発な活動振りであつた。

 支部長の故森田先生は大阪府でも屈指の大地主の旧家の出身で、大正8年東大理学部動物学科を卒業し、大阪医科大学副手を経て大正11年大阪高等学校開校と共に教授に就任された。
 後年には校長として、戦後の新学制により大高が阪大に昇格するまで最高監理者として有終の重責を果された。晩年は大阪府文化財保護委員、八尾市教育委員長、女子歯科大学理事等を勤め、文化、教育方面の功績も大きい。

 大阪支部長としては阪神支部開設以来実に20余年間、野鳥運動と後進のま旨導につくされ、包容力と雅量に富む、指導者としての天分豊かな人であつた。昭和35年1月25日心臓喘息で急逝された。享年66才 まだまだ惜しまれるお年であつた。
 私が野鳥の会に入つたのは昭和13年の初めで、守山さんが御転勤のため幹事を辞任され、平松道夫、岡田康稔両氏と交替される前後である。平松さんも岡田さんも共に現在も大阪支部の重鎮で最長老でもある。

 初代幹事守山鴻三氏は当時、牧畜及牛乳加工業守山商会の取締役大阪支店長として大阪に来住されていて、御自宅では数十種、百数十羽の野鳥を飼育されていた。飼育法や飼料に関する報告等がある。

 阪神支部の結成には一方ならぬ御尽力をされたと聞いている。藤沢市の本社に御転勤後も大阪に御家族のお住いもあったが、常には藤沢に住われ、白雲と号して野鳥誌上に随筆など独得の筆をふるって居られることは衆知の通りである。昭和34年には湘南支部を創設し支部長として活躍された。

 私は入会の年の五月に初めて六甲山探鳥会に参加し、平松、岡田両氏と榎本先生に初めてお目にかかった。集合場所にはグリーンの地に白字を染め抜いた「日本野鳥の会阪神支部」の旗がかゝげられているので分りやすい。

 出発の際は若い元気な誰かが担いで行くことになつている。榎本先生はジャンパーを着て防水の登山帽を被り、小さいリュックを背負つて、双眼鏡を肩にかけ、右手には扇子を持つて居られる。これはその後もいつの探鳥会でも変らぬ先生の姿であつた。誰かゞ「その扇子は鳥を招くためですか」と皮肉つたことがあるが「私は汗かきで暑がりですので」とまじめなお返事であつた。

 その日はケープルで山上へ、高山植物園を経て有馬へ下りたが、ちらっと横ぎつた鳥、チッと一声の鳴き声にも直ぐあれはヒガラ、これはシジユウカラと先輩達の指摘するのには只々驚嘆の念を禁じ得なかつたが、これは誰でも一度は経験されたことであろうと思う。

 榎本先生は初心者のために出てくる鳥一つ一つにつき懇切丁寧に説明され、どんな愚間にも何回でも親切に答えられるのである。この日の探鳥会の記録と紀行文は私の入会紹介者である山下三之助氏(当時、丹平商会勤務)が執筆して野鳥誌上に報告されている。

 

 当時は支部の行事の予告や報告は野鳥誌にのるのが普通であつた。尤も支部の行事や探鳥会の回数も少なかつたこともあるが、その後支部が増えたのと戦局の進展で紙の事情が悪化して頁数節約の必要などのため、極く稀にしか支部の記事がのらぬようになった。いつかこの支部報の誌上で支部報を作らなかつたために支部の記録や貴重な資料が失われて後悔していることを書いたことがあるが、一つには上記のような事情もあつて、支部報の必要を感した時は既に事局の圧迫感と物質不自由時代に入り、戦後も相当期間同じ状態が続いたことも支部報の発刊が遅れた事由であった。

 前記山下氏の記録によると、この日認めた鳥は23種となつている。朝8時半に阪急六甲駅に集合し、午后4時には有馬で解散する日帰り行程としては今と比べて、種類も多いし個体数や鳥出現の頻度はやはり隔世の感がある。

 榎本さんは明治6年徳島市に生れ、少年時代から鳥が好きだつたようである。長じて陸軍士官学校を卒業し、明治30年少尉に任官後14年間軍人生活を送られた。その間、澎湖島、台湾、満州、朝鮮等にも歴任され、日露戦争後、陸地測量部に勤務されたこともある。 満州時代に日本動物学会に入会されている。当時の軍人としては余程の変り種であつたに違いない。明治44年に予備役に編入され軍人生活が終つている。

 大正5年には日本鳥学会に入会、大正6年に高野山中学に奉職されて地理と図画を教え、昭和8年に退職される迄16年間高野山に在住された。その間農林省の委託を受けて付近一帯の鳥類の調査をせられた。その後山を下つて大阪に住われることになり晩年に及んでいる。

 大阪支部が出来てからは実地指導者と云う役割に責任を感じられて、探鳥会には参加を欠かされたことがないばかりでなく、数日前に下調査に出掛けられることが普通であつた。

 野外では一刻も鳥から注意を外らすことはなく、車中でも常に窓外の鳥影を求めて居られたもこのことは高著「野鳥便覧」上巻に「観察の機会」と云う項目中で「鳥類の中には一度見聞の機会を逸したら、観察者の一生の間に再びそれを見聞することの出来ない様なものも少くないから常に油断なく注意していて不覚をとらぬ様にせねばならぬ…・・・…」とあるのを自ら実行して居られたのである。

 鳥類の野外識別については我国の草分けで、普通最も困難とされているシギ、チドリ類、ワシタカ類、海鳥類などの野外識別は先生の最も得意とされるところで、この方面の先駆者である。従つて当時、大阪支部の催す淀川、住吉浦などの探鳥会は誠に特色のあるものであつた。

 著書に、野鳥便覧、上下二巻、野の鳥の思ひ出(共に後述)があり、又、動物学雑誌、鳥、野鳥、農林省発行の鳥獣巣報、鳥獣報告集等に数多くの報告、論文を残されている。

以上、第一部:大阪支部報No.39:3-5(1970)掲載

3.野鳥の会と飼鳥の問題

昭和46年の現在に於ても町に野鳥の不法飼育が絶えず、小鳥屋の店頭にメンロが売られている現状であって、当支部に於ても若い方々の努力によつてその実情を調査中であるが、野鳥を飼うということは破廉恥なことで あるというP Rを根よく徹底さす必要があると思う。

 ところで野鳥の会初期の頃は鳥といえば狩猟か飼育の対象としか考えず、野鳥をただ見たり聞いたりして楽しむといつても一般にはびんと来なかつたのが普通で、或はその意味が分かっても余りにも高踏的なように感じられたものだ。従ってその頃の支部員は飼鳥家が多かつたのは当然であつた。

 前述のように守山さんがそうであつたし、熨斗庄太郎、西川政治郎、古川孫太郎などの諸氏は飼鳥の大家として知られた人達であつた。会長の中西先生にしても初めに先生を名高くしたものは放飼とはいえやはり飼鳥であつた。

 現代の目から見ると変なものであるが当時は寧ろ普通のことであつて、山階博士の名著「日本の鳥類とその生態」には種毎に「飼鳥としての価値」という項目がある位である。

野鳥誌上にも普通には飼育の困難な、コノハズク、ホトトギス、ミソサザイなどの飼い方秘伝のような記事が時々出てその方面の要望を満たしていた訳である。

 然し野鳥の会の主旨からしても飼鳥に対する批判が漸く高まり、第一榎本先生が大の飼鳥嫌いで、小鳥商とか飼鳥オンリーの会員はいつしか遠のいて行つたことは巳むを得ないことであつた。中西先生も「野鳥」第6巻第3号(昭和14年)の悟堂随筆中で放飼との絶縁を声明されている。

 然し飼鳥そのものが法律的に制限乃至禁止されたのは漸く戦後になつてからで、昭和25年の狩猟法改正によつて初めて保護鳥獣を飼育するについて知事の許可がいることになつたので、その後の実1青はご承知の通りである。

以上、第二部:大阪支部報No.41:3-4(1971)

4 阪神支部から大阪支部に

日本野鳥の会が出来て5周年の昭和14年頃から各地に支部結成の気運が高まってきたのと、神戸在住の会員が増えたこともあって、阪神支部から神戸支部が分離することになり、同時に支部長、指導員、幹事はそのままで大阪支部と改称することとなった。神戸支部は支部長小林桂助氏、幹事は重田芳夫、裏川吉太郎の両氏で、14年5月20日に発会式を挙げ、翌21日は発会記念行事として六甲山探鳥会を挙行した。

 大阪支部から森田支部長初め、榎本指導員、堀田幹事のほか筆者など6人が参加した。爾来支部同志の連絡は密で堀田、裏川両支部幹事の交友関係もあって、支部行事ては双方から何人かの参加があるのが普通であった。

 この頃から時局の影響で人事の移動による会員の出入が激しくなってきた。この年の6月に野鳥の鳴声放送の創始者として有名てあった猪川城氏が仙台から大阪中央放送局の放送部長として来任された。話題の豊富な人で支部の行事にはよく出席せられ、探鳥会には縷々行を共にした。

翌年には京都放送局長に栄転されたが、18年には放送局を退き、間もなく東京市政調査会に入られた。この間、京都支部幹事大中啓助氏の応召のため、幹事を代行されたこともある。

 15年2月には平松道夫さんが大阪勤務となって満州から帰任された。17年度からは堀田氏と共に幹事を再任され、戦後に及んでいる。

 岡田康稔さんも16年に戦線から帰還されて大阪府立産業能率研究所に勤務されていたが同年11月、日本水産株式会社に入り、東京勤務となって離阪された。

 16年3月には丸山廉氏が米国名古屋領事館の閉鎖と共に大阪領事館勤務となって大阪支部の仲間入りをされることになった。

5.榎本佳樹著「野鳥便覧」の出版

「野鳥便覧」上巻の出版は昭和13年3月で、その出版記念祝賀会は同年4月5日、堂ビルの清交社で行なわれた。当時は小型で携帯に便利な野外観察用のガイドブックとしては僅かに、石沢健夫、下村兼二共著「原色野鳥図」上・下巻があるのみで、この種の適当な手引書が要望されていたのである。

 この出版に際しては支部長森田博士のあらゆる御援助があったものと聞いているが、上巻の内容は総説と主に夏季我国の山地で見聞する主要鳥類78種の着色図版17葉と解説で、下巻には上巻に載せた以外の内地産鳥類180余種に関する解説と着色図版を収める予定と発表されていた。

 この年の3月に丁度時を同じくして中西悟堂氏の「野鳥ガイド」上巻、陸鳥篇が日本野鳥の会から出版されている。共にA6版の小型で、内容はそれぞれに特長のあるものであぅた。

 その後、榎本先生とは個人的にも特に親しく交際して、堀田氏と共に各所に同行したり、何かと御指導を受け、席を同じくすることが多かったが、下巻出版に関する話題が出た時は私も微力ながら何等かの御援助をしたいことを申し上げていた。

それから戦局もだんだん進展していぅた15年夏になって森田、榎本両先生から「野鳥便覧」下巻の出版を引き 受けてくれないかと言うか申出を受けた。友人に出版関係の人がいたので早速準備に取りかかり、著者は勿論、関係者一同大童の努力で翌16年6月に発行することが出来た。

 上巻の経験上、図版などで改めるべき点を改め、予定より収容種類も多く、着色図版32、解説鳥類216種となり、当時としては立派なガイドブックとなった。日本野鳥の会大阪支部を発行所として500部を製本した。

 巻末の「日本産主要鳥類測定表」は現在に於ても貴重な文献である。7月15日に大毎野鳥の会と大阪支部共同主催で出版祝賀会を清交社で挙行した。京都・神戸両支部より支部長はじめ諸氏の参加あり、参会者総計28名でこの快事を祝福し合った。

6.初期の頃の探鳥会その他

当時は支部報の発行はしてなかったので、支部活動としては主として探鳥会と室内例会であった。探鳥会は毎月は出来なかったが、その足跡は岩涌山、生駒山、箕面、六甲山、比叡山、高野山、大台ケ原、淀川河口、住吉浦、山田池、仲哀応神御陵付近、大海池、来住池(小野の鴨池)、琵琶湖(主に安曇川河口、舟木付近)、岐阜県下池等に及んでいる。

 毎年初夏の比叡山探鳥会は京都支部に合流して榎本先生以下大挙して参加するのが例で、この探鳥会では故・川村多実二先生の名解説を聞くのが楽しみであった。この頃の比叡山は「天然記念物、鳥類蕃殖地」の名に恥じず 特に釈迦堂を中心とした西塔付近は静寂で勝れた探烏地であった。

 定宿の青龍寺は天を突く杉木立のただ中にあり、早朝の諸鳥の盛んな合唱は空気中に充満した感じて、聞き分け るのが困難であった。

 岩涌山も今と違って地域全体に樹が繁っていて、ヒガラやキツツキ類が多く、勿論「山の家」などはなくて、お寺に泊まり、食事の世話もしてもらった。座敷にいてアカショウビン、サンコウチョウなどが真近に聞え、アオバズクのホウ、ホウが頭上余りに近くきて、クポッ、クポッと開えたりした。箕面、六甲、生駒より鳥が多くて、支部の探鳥会には最も適当て、行く回数も多かった。

 住吉浦は南港埋立工事のなかった時分の木津川の河口と住吉川の河口の合う、今は発電所のある付近で、現在では地形の想像も出来ない程変ってしまった。

 春秋のシギ、チドリは勿論、余り人の立ち入らない場所のため、コチドリ、シロチドリ、コアジサシ等のコロニーがあり、その数たるや夥しいもので、その地域に入ると、どれかの巣を踏まずに進むことは困難であった。カルガモ、バン、オオシキリなどの巣も多く、舟を利用すると便利であった。

 シギ、チドリは交通と足場などの関係止、大勢の探烏会には淀川河口へ行くことが多かった。あの辺の地盤沈下の起る前で、干潮時には岸に干潟が出来たり中州が現れたりして、堤防上から楽て観察することが出来た。又、満潮時には堤防の外側に鳥の集る湿地があって、干潮時に堤防上で充分観察して潮が満ちかけると堤防を下りて、その湿地で弁当食いながら待っていると、シギやチドリが続々と集まってくると云う具合で、今のような芥だらけの干潟でなく環境も比較的きれいであった。

 秋のシギ、チドリの渡りが終ると冬鳥の渡来が盛になり、ツグミ類も続々と渡ってくる。現在では悪名高いカスミ網であるが当時は密猟でなく許可営業で、大阪でも生駒の山上近くの額田寄りのところで毎年行なわれていた。鳥屋場には「鳥梅のかっさん」と我々が呼んでいた老人がいて、シーズンには時々訪れてツグミ飯をたいてもらった。

 ツグミ、シロハラ、マミチャジナイ、その他の鳥を実際に手にして見られることの外、囮の時ならぬ囀りが谷間に響いてくるのも一つの景物であった。

 新年号(必らず12月中に出た)の「野鳥」誌に「大阪支部の山田池鴨場見学会を兼ねた新年宴会」の予告が出て、その一隅に「生鴨値段(竹寵入リー番い)マガモ5円、ヒドリ3円、コガモ1円60銭等々」とあり、これは池でカモを見るだけでは監理人に余り歓迎されないので、土産に鴨を買うための幹事の配慮であった。山田池のカモを見て帰途、付近の料亭魚富で鴨の鉄板焼で宴会と云うのがよくあるコースであった。

 ヒシクイを見るには当時は来住の池まで出掛けねばならなかった。ゴルフ場は勿論なく、丘陵にひっそりと水を湛え、周囲約5キロ、視界には人工的なものは何もない静寂境てあった。池畔は出入に富み、ヒシクイは多い時 は100羽以上、カモ類は10万と報告されたことがあり、背後の山の合間で一種の投げ網による鴨猟が行なわれていた。

この池は終戦時に進駐の米兵によって銃獲の難に合い、カモ1羽も居らぬまでに荒廃したことがあり、その後、やや回復したと安心する間もなく、今度は池の周辺に現在の様なゴルフ場が出来てしまって池も小さくなり、徹底的な破壊を蒙っている。

 琵琶湖の安曇川河口舟木付近も今は大きく変ってしまったが、四津川内湖が未だ干拓されない前は風光明美な水境であった。内湖ではカモ類は勿論、カイツプリ類、バン、オオバンなどが極く真近で見られる楽しいところで、堀田氏はカィップリ100羽の群を見たと報告している。

琵琶湖畔に出たところにひなびた旅館があって一泊したことがあるが、早朝湖面が白んでくると夏の夕立雲の様に空一面の黒いかたまりが力その群てあって、トラックが近づく様な音を伴って、一陣二陣と過ぎて行くのは誠に壮観であった。

爾来、幾星霜、社会的な変革もあって、琵琶湖と言わず、層ての探鳥地でそのままの姿を残すところは皆無に近く、誠に淋しい限りであるが、この度琵琶湖の全面的禁猟が決ったことは何と言っても近来の快事てある。いつの日か往年のカモの大群に再び接することの出来るようて祈りたい。

 戦局も大分押しつまった昭和18年1月16日,17日の両日にわたり、大阪支部と名古屋支部が合同で冬季探鳥会として岐阜県下池てガンを見る会を催した。丸山廉氏のあっせんによるもので、第一日は桑名駅で落合って、養老線美濃山崎て下車、今晩の宿坊行基寺に向う。

 行基寺は養老山脈の東に突出た支峯上にあり、濃尾平野を一望の見晴のよいところで駅から約1時間の行程。翌朝は一且下山して駒野駅から乗車、次駅の美濃津矢て下車する。ここで本日の雁猟見学の斡旋をして頂いた岐阜県狩猟主任の亀山氏と後発の方も加わり、大阪支部3名と共て総勢15人となった。

折柄の吹雪の中を行程2キロ強の下池に向う。下池は昔からガンの多いことで有名な所で、津矢川が揖斐川に注ぐ合流点の北方に当り、昔は南北4キロ、東西2キロの大池であったが何時の頃からか干拓されて見渡す かぎりの湿田が広がっていた。

 マガンとコガモが特に多く、最盛時はマガン4千羽と称せられていた。ここで古くから雁猟が行なわれ、猟法としては6間に1間の片無双網を用い、引き網として50間乃至250間の竹網を使用していた。

 猟者は堤防上の松並木の中に隠れていて双眼鏡て注視し、頃を見計って竹網を引く。我々の着いた時は今勢子をやったから網を引くまで二時間はかかるだろうと云うことで、勢子と云えば猪猟や兎猟などの勢子を想像していたが、それらしいものに気付いたのは数10分経ってからで、濃尾平野の広莫たる雪田の連か彼方に黒点が一つ現われた。

 やがて右にも左にも、それが勢子で、ガンは徐々に此方へ移動してくる。終には眼前に数百羽が乱舞するようになる。突然、ガンが乱れ散ったと思ったら網が引かれたのである。マガン16羽が掛かった。

 この位の数では引かぬのだが、雁猟の実際を早く見せるための好意で早く引いたとのことであった。この日は それから狩猟小屋て雁鍋の饗応を受け、思わぬ醍瑚味を満喫して帰途についた。この下池も戦後いち早く幻のガン渡来地となったのは言うまでもない。

以上第三部:大阪支部報No.49:4-7(1972)

平松道夫氏の思い出

平松さんが亡くなったのは4月26日で、半年経た今改めて数々の思い出を記して君のしのび草としたい。

 平松さんは昨今では野鳥の会の数少ない戦前組で、大阪支部では岡田康稔氏と共に最長老の一人てあった。私との最初の出会は私が野鳥の会に入会して間もなく参加した六甲山探鳥会で、昭和13年の5月であった。第一印象は言葉に少し訛りがあったが自面で稍痩型のスマートな紳士て才気満々と言った感じてあった。

 私より三つ年少であるが当時既に入会後1年以上も経ち、叉若い時から飼鳥をやってられたので鳥には詳しく、色々と教えて頂いた。丁度、初代幹事の故守山白雲氏が転勤のため辞任され、岡田康稔氏と二人で幹事を引き継がれた頃てある。

 世相は漸くあわただしく、間もなく岡田氏は応召、平松さんは満洲へ転任となり、故堀田光鴻氏が後を引き継く゛ことになった。然し平松さんの満洲時代は短く、一年余りて大阪に帰任され、程経て堀田氏と並んで再び幹事となって現在に及んだ。

 満洲から帰られてからは年令の関係もあって特に親しく交際するようになり、支部の探鳥会以外にも各所に行を共にしたが野鳥だけでなくて自とクラスメートのようなつきあいになっていた。昭和19年には私も堀田氏の後任として幹事になって平松さんと共に支部の世話をすることになった。

 堀田幹事は絵が上手て、野鳥の油絵を描く関係で色彩の豊富なカモ類が特に好きであった。シギ・チドリにも詳しく、初期の頃の野鳥の会には稀な水鳥党であった。

 平松幹事は山野を歩いて野鳥の鳴き声を楽しむ方て、豊富な飼鳥の経歴もあって、鳴禽類持にウグィスが好きであった。探鳥会の帰途などによく会食をしたものだが、宴酣になると必ずお二人の間でカモとクグイスの優劣論争が始まる。他のものはニコニコして聞いているが、白熱してハラハラするようになると榎本先生の行司で引き分けとなるのが常であった。

 榎本先生も絵がお上手で、特にその野鳥画画は秀逸てある。後年、おつき合いの記念にと私達それぞれに新たに描き上げた素晴らしい油絵を頂くことになった。

 平松さんのは大樹に群れる諸々の小鳥類を描いた誠に楽しい絵て、平松さんも大変喜ばれて今でも平松家に秘蔵されている筈である。私のは榎本先生と両三再日本アルプスに同道した記念の意味もあって、槍、穂高の岩峯を背景にしたイヌワシの図て、今に私の大切な珍蔵品である。

 その頃の或る比叡山探鳥会で、平松さんと歩いているその足元にオオコノハズクの雛が落ちていて、長時間経つのか大分弱っている様子なのを、「大文夫育ちますよ」と平松さんが持ち帰って立派に成鳥まで飼育された。

 飼育中に「ズク引き」の実験をやろうと思い立ち、西川政次郎氏から「ズク引き」の伝授を受けられたようである。

 平松さんから愈々「ズク引き」を御覧に入れようと声がかかったのは翌年の秋であった。「ズク引き」と言うのは夜行性のフクロウ類を昼間止り本に止まらせて置くと小鳥達が寄って来て騒ぎ立てる現象を利用して古くから行なわれた狩猟法であるが、勿論狩猟はしないて、当時は極一部の人が野鳥の習性などの観察に利用していたに過ぎない。

 さて、或る日の早朝、前述のオオコノハズクとエナガの籠をリュックサックて背負った平松さんに従って、二人て槇尾山の林中に這入った。停り木の設置などの用意が整うと鷹匠の様な皮手袋をはめた平松さんは手際よく停り木にオオコニハズクを据え、稍離れた所にエナガの籠を置いて待機する。

 停り木には紐を結えてその一端を平松さんが持ち、時々引くとオオコノハは羽をバタバタさせてバランスをとる。小鳥達に存在を知らせるためである。エナガもその鳴き声によって小鳥達の注意を引くためてあるが、エナガは必ずしも必要ではないそうである。

 かくして程なく、カラ類を主とした諸々の鳥達が風の如く群をなして寄ってきた。近くに人間がいても無視したように私の肩に触れるものもあった。お蔭て貴重な経験が出来たことを今日でも感謝している

平松さんは戦時中、満洲パルプエ業会社に籍を置かれた関係で、昭和17~8年へかけての雑誌用紙の深刻な入手難に際し、「野鳥」用紙の確保に大きな功績があったことは中西先生の文章によって初めて知ったが、私と平松さんのコンピて色々やってきた中で最も思い出深いのは戦後の混沌から漸く立直った支部活動の復活時代て、同好者の獲得には随分苦心したものてある。

 大新聞の学芸欄に探鳥会の予告を載せてもらっても、当日になってみると誰も参加者がなく、平松さんと二人で歩いたことも一再ならずあった。

 バードデーの始まった頃、最初は大阪府では予算の都合と何分不慣れの仕事と言うので企画と実際の仕事は全部大阪支部へ頼み込んできた。大阪支部といっても森田支部長は健在てあったが、平松きんと私以外に誰もやってくれる人がない。

 第一回のパードデーは昭和22年4月10日てある力、大阪で初めてこの行事をやったのは翌23年4月10日て、淀川畔の聖徳館で講演、レコード、映画などの会をやった。会場の斡旋と当日のことなど当時、大阪市社会教育課に居られた筒井嘉隆氏の協力もあって非常に盛会であった。

 然しこの仕事を個人が経費まで負担してやるのはどうかと言うことになり、翌年の24年には府でPRの印刷物を作って小学校と中学校の生徒に配る他、平松さんの発案によって府が提供してくれた宣伝カーに平松さんと私の事務所の女子職員が乗り込んで、ビラを配りながら終日スピーカーで市中を練り廻った.

 その後、4月10日が5月10日となり、バードデーがバードウィークになってからも府の仕事として軌道に乗るまで数年間はシーズンが近づくと行事打合せのため平松込んと二人で府庁に同道して参画を続けた。

 支部活動の状態も昭和30年代に入ると稍正気を取り戻し、先に筒井嘉隆氏が大阪市立自然科学博物館長に就任されて、その御理解ある協力を得て博物館の毎月行事の中、年2回位は探鳥会として支部と共同の催しとしたことと愛鳥週間普及の効果と相まって追々メンバーが増え、熱心なグループも出来て、昭和34年には研究部が誕生し、岡田康稔氏指導の下に毎月例会を行ない、研究部報を発行することになった。

 これが現支部報の前身である。これて平松さんも気をよくして、すっかり安きされた。その後も大阪支部はヤングパフーによって順調に発展しつつある。平松さんは永年勤務された帝国産業では総務部長まて昇進されたが、文化的な或は趣味的な接触面ては勿論、接触のあった財界の諸方面て機会ある毎に自然保護と鳥獣愛護の啓蒙努力を欠かさなかった功績は大きい。

 その頃は再々夕食を共にしたり、時にはパーなどにも同道したが、ホステス相手の社交も仲々巧妙て、酒席の話術にも長して居られた。帝国産業を定年退職後は地元の建築会社で渉外を担当して二、三年在職されたが、健康の都合もあって大阪府森林組合連合会に転じ数年間在職された。晩年は義弟の経営される株式会社平松の監査役として悠々自適の生活であった。

 平松さんは俳号を十一と号し、句歴は30年のベテランである。俳句は私の方が数年の先輩であったのに何時しか句界を遠ざかってしまったのに反し、平松さんはずっと引き続き精進されていて、進境も亦格別であった。旅行先からの絵葉書通信には必ず句が添えてあった。かねて鳥の見地から従来の俳句歳時記や、又既刊の野鳥歳時記にあきたらず、自著の出版を念願されていたのに完成を見ずに終ったことは誠に残念である.

 地元の岸和田市では永年、各種の文化団体に関係されていて名士の一人である。明治40年生れて、まだまだこれからと言えるのに、かくも突然の訃報に接するとは思いもよらず、誠に痛惜の極みであった。長い間の親交を思いつつ平松さんの冥福をか祈りして筆を欄く。

以上第四部:大阪支部報No.48:4-6(1972)