鉢ヶ峯定例探鳥会のご案内

探鳥地の概要

鉢ヶ峯は堺市の南部丘陵地にあり、里山的景観が見られる所です。農耕地や集落、雑木林やため池・小河川などからなり、野鳥を始め昆虫や野草など四季折々の自然が観察でき、楽しめます。集合場所付近には7世紀中頃創建の法道寺があり、多宝塔と食堂は重要文化財に指定されています。

鉢ヶ峯定例探鳥会案内(2020年10月・11月・12月) 印刷用

10月は里帰りしたモズや旅鳥のノビタキが渡って来て、稲刈り前の田んぼの杭などに止まっているのが見られます。

11月はバードウォッチングウィークで、稲刈り後の田んぼでホオジロやケリが、

またジョウビタキなどの冬鳥も見られ、里山は賑やかさを取り戻します。

12月には冬鳥のカシラダカや、ため池でオシドリなどのカモ類が観察できます。

 

大阪支部では新型コロナウィルスの感染拡大の状況をうけて

2020年9月末までに予定していた全ての探鳥会について中止しました。

鉢ヶ峯では、感染予防に留意して10月及び11月の探鳥会を実施しました。

むくどり通信11月号には、12月の探鳥会を実施する旨記載されていますが、

最近の堺市での感染拡大や探鳥地近傍の医療施設でのクラスター発生等の状況を踏まえ、

 

12月の探鳥会を中止することとしました。

 

突然の中止で、会員の皆様にはご迷惑をおかけします。

なお、1月以降の探鳥会の再開・中止は未定です。

ホームページにより最新の情報を確認ください。

鉢ヶ峯
定例探鳥会(第1日曜)

当面の予定

10月4日、11月1日、12月6日(中止)

鉢ヶ峯定例探鳥会リーダー 一同

過去の案内(pdf)

探鳥会報告・記録