「錦織公園」定例探鳥会のお誘い

大阪支部では新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、2020年9月末まで全ての探鳥会を中止いたしましたが、
錦織公園定例探鳥会は10月より30名予約制にて開催しています。

参加ご希望の方は、下記専用フォームをご利用ください。なお、当面、探鳥会参加は会員限定といたします。あしからずご了承ください。
大阪府のコロナウィルス感染状況がレッドステージに移行した場合は開催を中止します。

開催にあたり下記の感染対策にご協力をお願いします
【集合場所では】
・自宅にて検温しておいで下さい、発熱及び風邪症状のある場合は参加出来ません。
・マスク着用で参加して下さい。マウスシールドは飛沫を防げないので不可とします。
・双眼鏡、ペンの貸し出しは行いませんので各自ご持参下さい。
・集合場所にてアルコール消毒にご協力下さい(アルコールは当会で用意します)
【観察時には】
・息苦しいときは、遠慮なさらず人との間隔をとってマスクを外して下さい。
・密にならないように、人との間隔を取りながら観察して下さい。
・望遠鏡にて観察する場合は、基本裸眼は禁止します。眼鏡・アイシールド・伊達メガネ等を着用して下さい。

以上のような感染防止対策をとりながら観察をしていただきます。
このような時期だからこそ、野鳥の声に耳を傾け、野鳥の姿を双眼鏡で追うことでいやしの空間を共有しましょう。

大阪府営錦織(にしこおり)公園は、羽曳野丘陵の南端にあり、丘陵の地形がそのまま生かされた公園です。
森林や草地、せせらぎや溜め池など、「里山」の環境が豊かに残されており、数多くの生き物が生息しています。
公園内で身近な鳥が繁殖しているほか、その鳥たちを狙う猛禽類もよく姿を見せます。

錦織公園定例探鳥会(11月)のお誘い 印刷用

11月いよいよバードウォッチングシーズンの到来です。今年はカモの飛来も順調な印象です。。

昨年はオシドリ・マガモ・キンクロハジロ・ヒドリガモ・ホシハジロを観察できました、カモ以外ではジョウビタキ・ルリビタキ・ツグミ・シロハラ・シメも観察出来ました。

この時期は華やかな鳥たちの声を聴くことはできませんが、それぞれ特徴的な声で鳴いています、声の主を注意深くさがしてみましょう。

  

カモ類のオスは、繁殖羽に換わっているものと、エクリプスから換羽中の状態のものがいます。じっくり観察してみましょう。今年はどんな鳥が姿を見せてくれるでしょうか。

11月の第四日曜日、しばしの涼を求めて、錦織公園にぜひおいで下さい。ご参加お待ちいたしております。

新型コロナ感染には十分に対策を行い開催したいと思います

◎ 解散は河内の里で12時頃に予定していますのでお弁当は自由とします。

「錦織公園」
定例探鳥会(第4日曜)

参加申込専用フォーム

 

 

2020年度案内

2019年度案内

2018年度案内

2017年度案内

2016年度案内

探鳥会報告・記録