鉢ヶ峯定例探鳥会のお誘い

探鳥地の概要

鉢ヶ峯は堺市の南部丘陵地にあり、里山的景観が見られる所です。農耕地や集落、雑木林やため池・小河川などからなり、野鳥を始め昆虫や野草など四季折々の自然が観察でき、楽しめます。集合場所付近には7世紀中頃創建の法道寺があり、多宝塔と食堂は重要文化財に指定されています。

鉢ヶ峯定例探鳥会案内(2020年4月・5月・6月) 印刷用

4月、農耕地ではキジが鳴き、ヒバリやホオジロのさえずりのほかツバメも飛び交います。

ため池ではオシドリも観察出来ます。

5月、農耕地ではケリの親子ずれや、ため池で渡り前のオシドリも見られることでしよう。

谷筋ではオオルリやキビタキのさえずりも聞こえてきます。

6月にはホトトギスが鳴き、白いウツギの花も見頃です。

背中にヒナを乗せた、カイツブリの姿が見られるのもこの時期です。

大阪支部では新型コロナウィルスの感染拡大の状況をうけて
2020年6月末までに予定していた全ての探鳥会について中止します。
7月以降についても中止または変更する可能性がありますので、ご注意ください。

鉢ヶ峯
定例探鳥会(第1日曜)

当面の予定

4月5日(日) 中止
5月3日(日) 中止
6月7日(日) 中止

鉢ヶ峯定例探鳥会リーダー 一同

過去の案内(pdf)

探鳥会報告・記録