淀川定例探鳥会のお誘い

大阪支部では新型コロナウィルスの感染拡大の状況をうけて2020年3月末まで全ての探鳥会を中止いたしましたが、
4月に予定していた探鳥会についても中止致します。 5月以降の行事予定についても変更する可能性がありますのでご注意ください。
楽しみにしていただいたところ申し訳ありませんが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

淀川の探鳥コース

淀川は 宇治川、木津川、桂川の三川が合流した川で大阪市内を通り大阪湾に注ぎます。

1400万人の人々が淀川の水で命をつないでいます。

地下鉄天六駅から毛馬の淀川大堰にでます。ここより上流の城北公園へ向かうースと、下流部の中津方面へ向かうコーカがあります。

この他シギチドリの季節は長柄橋を渡り対岸の右岸へ、柴島干潟から十三干潟に向かうコースがあります。

コース:河川敷・高低差:ほとんど平坦・トイレ:あり・弁当:不要

写真はクリックすると拡大して見ることができます。

淀川定例探鳥会(2月)のお誘い 印刷用

今月は元大阪工業大学特任教授で淀川中流域の野鳥を10年間観察・調査を続けられた半田孝さんのご案内で毛馬~赤川鉄橋~大阪工業大学(今回は城北公園へは行きません)を探鳥します。

なお、探鳥会終了時間を午後2時の予定としておりますので、昼食の持参をお願いします。

当日は大学の学内からの淀川の展望や、学内で営巣しているチョウゲンボウの巣への案内を予定しています。

コースでの川の水面にはカモ類、アシ原・樹木では、ジョウビタキ・ツグミ等の冬の小鳥達が観られます。運が良ければオオジュリン・ホオアカ・ベニマシコ等の小鳥類が出現するかもしれません。

今季は暖冬と言われていますが、河岸を歩きますので時折寒風が吹く事があります。防寒対策のうえご参加ください。

淀川定例探鳥会リーダー 一同

毛馬の淀川大堰 (淀川にも堰があります。)

淀川定例探鳥会
(第3日曜)

探鳥会報告・記録

2019年度案内(WEBサイト)

2018年度案内(WEBサイト)

2017年度案内(WEBサイト)

2019年度案内(印刷用)

2018年度案内(印刷用)

2017年度案内(印刷用)

inserted by FC2 system p