★ むくどり通信バックナンバー販売中(2020年分) ★

2020年1月 No261

CONTENTS

 

琵琶湖を源にして大阪平野を西南に流れ大阪湾に注ぐ一級河川(淀川) 河原と草原、ヨシ原、干潟、ワンドなど多様な自然が多くの野鳥の貴重な生息地となっています。 淀川全域が鳥獣保護区に指定されて15年、改めて淀川の自然と野鳥について思いを寄せていただければと思います。

2020年3月 No262

CONTENTS

 

2004年にきららタウン泉大津のホテルのバルコニーでハヤブサの営巣・繁殖が確認されてから早くも16年目を迎えました。街中でのハヤブサの子育てを見守ろうと日本野鳥の会大阪支部の有志とホテルの関係者などが中心になって「泉大津ハヤブサ・サポート倶楽部」を立ち上げ、2006年からそのハヤブサ一家を見守り活動や観察を続けてきました。
巣を見守る固定カメラを通じて産卵から孵化、ヒナの成長、巣立ちの様子やハヤブサのペアーの世代交代などが観察されました。今回はその観察記録などを振り返って都市で暮らすハヤブサたちの生態に迫ります。

2020年6月 No263

2019年9月 No264

CONTENTS

バックナンバーの案内

[むくどり通信]バックナンバーを頒布しております。

一部200円、送料100円(※5冊まで送料100円です。)

[郵便番号][ご住所][お名前][電話番号][希望する号][冊数]を明記し支部事務所あてメールを送信してください。

【メール】main@wbsjosaka/xsrv.jp

折り返し、ご希望のバックナンバーを送付いたします。

料金は同封の郵便振替用紙を利用して、お支払いください。

例①2010年9月号、11月を各1部希望の場合200円×2冊+送料100円=500円

例②合計6冊を希望の場合200円×6冊+送料100円+分送分100円=1400円