U50探鳥会の報告:平成31年度(2019年度)

2020年1/5(日) くろんど園地/ルリビタキ:天候/曇り時々晴れ:参加者/10名:観察種32種:鳥合わせ

今回は、U50の探鳥会初参加や、探鳥会自体への参加が初めての方等、新しい顔ぶれの参加者が多かった。

歩き初めてすぐに、電柱に止まるノスリをゆっくり観察。幸先のよい出だしかと思い気や、全体的には鳥影は薄かった。

そんな中でも、一部の方がルリビタキを確認。飛び出したシロハラをツミが追いかける姿を見れたり、くろんど池の傍では、カワセミやシメをゆっくり確認できたり、キクイタダキやヒガラの姿も見えて、終わってみれば32種。

参加者のみなさんと、のんびり和気藹々とした新年の探鳥会を開催できた。(報告:駒田峰子)

写真は参加者のFさん、Sさんからの提供、参加リーダー:駒田・山藤・佐々木

山道を登る

木道を進む

観察風景

観察風景

カワセミ

シメ

ヨシガモ

ノスリ

集合写真

2019年12/1(日) 山の辺の道/カシラダカ・ニュウナイスズメ:天候/晴れ:参加者/15名:観察種44種:鳥合わせ

駅から山辺の道までにモズ、イソヒヨドリ、カワセミが見られました。古墳の池ではたくさんのカモ類、枝陰にオシドリがいました。

田畑が広がるなかを歩くと、上空を50羽くらいのツグミの群れが通過。山沿いの田んぼにはカシラダカの群れにアオジやホオジロが混ざっていました。休憩中のノスリや、上空を飛ぶハイタカ、カラス群の下にはオオタカも飛んでいました。

桧原神社ではハヤブサ、カラの混群、キクイタダキ2羽に会えました。(報告:西本)

写真は参加者のFさん、Sさんからの提供

観察風景

観察風景

マガモ

オシドリ

ハイタカ

ハヤブサ幼鳥